EOW – totonoi

2020.11.4(火)Release
5th Single「totonoi」
最新ミュージックビデオ公開!!!

Production / FINDOUT
Producer / Keita Sugai
Associate Producer / Takatoshi Tsutiya
Cinematographer / Riki Yasuno
2nd.CAM / Ryuji Kainuma
Camera Assistant / Taichi Watanabe
LitingAssistant / Shota Shimizu

Vocal / Laco
Bass / Yutaro
Keyboard / mamushi
Drum / Otake
Sax&EWI / Daisetsu
Guitar / Tomoaki

Costume offer/SYU.HOMME/FEMM
Hair and makeup / KAZUTA SHIROGANE(プュアナプー),AKIKO KAGIYAMA

Location / 中延温泉 松の湯

Management / Kensuke Nakamura

「totonoi」
作詞:Laco
作曲:Laco / Tomoaki
あーヘドロみたいに
次から次へ溜まるヘイト
あーまた異常に
お腹が空くのよ 誰のせいよ

チャプチャプチャプ つられつられて
吐息は今日もハイボール混じり
チャプチャプチャプ 揺られ揺られて
沈むように 浮かんでく

オーロラ色のシャボン弾けた
Ah ah ahよう頑張ったわ

まだまだなの これからもっと
私 華やいで色付くの
足りないものだらけの今も
ちゃんと愛でながら

強がり切って 今日を逃げ切って
何度も何度も塗り重ねた
赤い口紅 優しく落として
全部流して

鏡 映る 裸の私
女の旬 夜に咲く花火
色は匂へど どうせ散りぬるを
高を括れど 欲には勝てんぞ

頭 胸 腰 爪の先まで
光れ 光れ 運命(さだめ)に抗え
誰の為に綺麗になりたい?
誰のためでもない (私のために)

まだまだなの これからもっと
私 艶めいて芳すの
足りないものだらけの今に
ちゃんと期待して

でも今だけ ああ今だけ
泣いて泣いて飽きるまで泣いた
赤い瞼に 冷たいシャワー
明日も頑張るか

<プロフィール>
東京・渋谷を拠点とする6人組バンド、EOW(読み:エオ)。
2019年2月14日、代官山LOOPでの1stワンマンライブと同時に
リリースした1stEP『EOW』から本格的に始動し、都内を中心に
多数のイベントに出演しながら活動の幅を拡大中。
メンバー共通のルーツでもあるブラックミュージックに由来する強固なグルーヴ、
そしてJ-POPファンにも響くポップセンスをソリッドなバンドサウンドに昇華。
プレイヤーとしてのキャリアも豊富な楽器陣と、Laco(vo)のキャッチーながらも
力強い歌声と詞が織りなす楽曲はEOWにしか生み出せないサウンド。
個性的であり、エモーショナルさと軽快なポップサウンドを奏でる
唯一無二のバンドサウンド=“エオーショナル・ポップ”。
2019年11月26日に開催した渋谷duo MUSIC EXCHANGEでの
ONEMAN LIVEも大成功で幕を閉じた。
2020年は更なる躍進を期待!
ライブ/リリース情報は各種SNSや公式HPを要チェック。

You might be interested in